商品紹介Commodity introduction

  • ガス圧接
  • CB工法
  • 天然ガス圧接
  • フレア溶接
  • DBヘッド定着工法

ガス圧接

圧倒的実績に裏打ちされた信頼のグローバルスタンダード

昭和27年、北陸ガス圧接創設者の手により開発されました。 その後、建築工事においての鉄筋継手の手法として最も強固で信頼される工法として全国に広がり、今に至るまでの約60年もの間利用されています。
鉄筋端面同士を突合せ、鉄筋軸方向に圧力を加えながら突合せ部分を酸素・アセチレン炎で加熱、接合端面を溶かすことなく赤熱状にし金属の清浄表面を密着させ、原子同士を金属融合させて接合します。

手動ガス圧接

手動ガス圧接

鉄筋の接合端面を酸素−アセチレン炎で加熱し、圧力を加え接合させる現場において最もスタンダードな工法です。

自動ガス圧接

自動ガス圧接

自動ガス圧接装置を用いた工法。
設計したデータ通りに機械が圧接しますので、品質を一定に保ち圧接作業時間を短縮します。

熱間押抜ガス圧接

熱間押抜ガス圧接

ガス圧接直後、鉄筋が赤熱中に押し抜き刃でふくらみ部をせん断除去する工法です。この工法は、接合面の欠陥を目視でき更に精度の高い検査ができるのが特徴です。